歯周病治療の流れについて

###Site Name###

歯周病になったら、なるべく早めに歯周病治療を行う必要があります。そのまま放っておくと、いずれ歯を失うことにもなるので注意が必要になってきます。

そこで、歯周病治療はどのような流れで行われるのかというと、問診、歯周病の検査、抜歯、口腔衛生指導、スケーリング、歯周外科治療、メンテナンスの順番で行われます。しかし、これは必ずこの流れで行われるわけではなく、人によっては、少しの治療で終わり、後はメンテナンスだけになる人もいます。

まず、問診については、歯周病治療を今後どのように行っていくかの参考になりますから、医師からの質問に適切に答えていくということが大事になってきます。歯周病の検査については、レントゲンを用いて、骨の状態を調べたり、歯周ポケットの深さを測ります。

歯周病治療について分かりやすくまとめてあります。

抜歯については、ほとんど回復の見込みのない歯がある場合は、無理に残したままにしておくと、他の健康な歯にも悪い影響が出る恐れがあるので、抜歯することがあります。

口腔衛生指導に関しては、歯周病の原因とされるプラークを適切に除去する方法を指導します。

今までに培ったノウハウを活かし、All Aboutを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

ここでは主に、歯のブラッシングの方法などをアドバイスしてもらうことができます。

スケーリングについては、歯垢が固まりさらに歯石になった場合に、歯石を取り除く処置を行います。
スケーラーと呼ばれる専用の器具で歯石を取り除いていきます。メンテナンスについては、定期的なメンテナンスをすることによって、歯周病の再発を防ぐために行います。
間隔については人によって異なりますが、3か月に1回程度の間隔で行われることが多いです。